安藤拓郎の経歴wiki|学歴は?何歳?年収や収入に結婚、彼女は?

2020年9月5日(土) 22時10分~23時10分に放送の「激レアさんを連れて来た。」に出演する安藤拓郎さん。

「漫画全巻ドットコム」という漫画全巻を発送するサービスで話題になっています。

また、ご本人が経営する「株式会社TORICO」では、漫画全巻ドットコムの他にも

「スキマ」・・・完全無料のWEBまんがサイト。32000冊が読み放題やまんが家の卵の育成や連載を支援しています。

「マンガ展」・・・漫画家やイラスト展示会の運営、企画、限定グッツの販売をしています。

「ホーリンラブブックス」・・・BL書籍を中心に取り扱うサイト。最新刊から既刊も豊富に扱っています。

「まんが王」・・・まんがから小説、同人誌、CD、DVDを取り扱うオンラインショップ。単品から発注可能です。

など、多数のオンラインサービスを展開しております。

ここまで、多くのコンテンツの立ち上げを行える実力はどこから来るのか、学歴や、年齢、結婚についてまで詳しく調べて見ました!

続きを読む

安藤拓郎の経歴wikiプロフィール、何歳?

名前:安藤拓郎
出身:不明
生まれ:1974年(46才)
Twitter:https://twitter.com/takuroando
ブログ:https://ceo.torico-corp.com/
株式会社TORICOの公式サイト:https://www.torico-corp.com/
漫画全巻ドットコム:https://www.mangazenkan.com/

大学卒業後は日本オラクルに入社し、開発本部や営業本部を経験しました。

その後三井物産株式会社に転職、半導体事業部に所属し、アジア市場への輸出管理業務をご担当されたそうです。

株式会社VIBEにてマーケティングを担当、その時に新しい部署の立ち上げをご経験されたそうです。

これらの経歴、実績を持っての株式会社TORICOの設立となります。

主に営業や、海外とのやりとり、部署の立ち上げなど、営業からマネジメントまでオールマイティに活躍されてます。

特に三井物産株式会社でのアジア市場へのご経験は今後「漫画全巻ドットコム」の世界展開に期待ができますね!

続きを読む

安藤拓郎の学歴は?

おしゃれなデザインや写真から、デザインの学部をご卒業されていると思われることが多いと思います。

実際は、早稲田大学政治経済学部をご卒業されています。

主に政治、経済について多様な価値観を学びグローバルに活躍する人材を排出する学部のようです。

見事に安藤拓郎さんはそれらを満たしていらっしゃいますね!

また、同学部をご卒業されている方には

羽鳥慎一さん、乙武洋匡さんや

元谷芙美子さん(アパホテル社長)

出井伸之(ソニー株式会社社長・会長ほか)

夏野剛(ドワンゴ取締役ほか)

など、多くの経営者や有名人が方がいました。

続きを読む

安藤拓郎の年収や収入は?

年収や収入は気になりますね。

年収や会社の売上についてグーグルや公式サイトなどで調べて見ました!

株式会社TORICO売上:3,174百万円(2020年3月期)

従業員:96名

会社の規模としては中小ベンチャー企業と言ったところです。

しかし、起業して10年生き残る可能性が1%と言われる中、15周年を達成し売上も10年で3倍にもなって勢いを感じます!

さて、年収ですがツイッターでの散財の様子などもなく、年収2200万円に対してすごいという発言から年収2000万前後と予想できます。

続きを読む

安藤拓郎の結婚、彼女は?

社長業としての成功をなされているので、彼女や婚約者がいるのか気になりますね!

ご本人のTwitter等を細かく調べて見ましたが、彼女や奥さんについての言及はありませんでした。

お食事をTwitterにて写真を掲載されてるところを見ると、一人で行くか、社員の方を連れて行っているようです。

お付き合いしている女性はいそうですが、ご本人のツイッターからはお子さんの情報等はありませんでした。

よって、結婚している可能性は少ないと考えられます。

 

続きを読む

安藤拓郎の経歴のまとめ

数々のご経験をされてからの株式会社TORICOの設立と順風満帆かと思いきや苦労の多くあったそうな。

「漫画全巻ドットコム」の立ち上げ時には一冊でも在庫がない場合は、全国の古本屋を回ったそうです。

しかし、その努力が報われ今の「株式会社TORICO」の形になっているようですね。

今現在コミック市場の半分は電子コミックの流れになってると聞きます。すぐ買えて、すぐ読めて、場所を取りませんし。

「漫画全巻ドットコム」でも電子書籍を一冊単位で販売しているようですが、メインは漫画全巻を紙で欲しい人のサービスです。

この逆境にあえて紙コミックをメインで挑戦する「漫画全巻ドットコム」の今後の挑戦を期待し応援をしていきたいですね!