ビニール傘のバッグ?PLASTICITYの評判や耐久性、丈夫?値段ダサい 

世界初ビニール傘をバッグとして生まれ変わらせることで、ファッションアイテムとして大変身しています!

これはPLASTICITY(プラスティシティ)というブランドで、廃棄予定のビニール傘をバッグとして変身させています。

皆さんは年間廃棄されるビニール傘の本数は何本だと思いますか?

実は日本だけで約8000万本と言われています。

この数を聞いて少ないと感じる人は少ないと思います。とても多いですよね?

ただ廃棄すればという簡単な話ではなく、リサイクルしようにも分解が難しく焼却や埋めるなど環境を悪化させる一方です。

実は日本はビニールを含むプラスチック製品の一人当たりの消費量が世界で第二位となっています。

この対策の為に2020年7月1日よりビニール袋の有料化が始まるなど、ビニールに対して対策や規則が厳しい時代になりましたね。

そんな中、誕生したPLASTICITYのバッグ。評判や丈夫さ、値段について調べて見ました!

続きを読む

PLASTICITY(ブランド)の評判は?

公式サイト:https://plasticity.co.jp/
運営会社:株式会社モンドデザイン
クリエイター(発案者):齊藤明希

発案者の齊藤明希さん。1992年生まれの28才。何かものづくりをしたいと思い、学生時代はバッグを作る学部を卒業したそうです。

自然に優しい素材で楽しむファッションに関心をもち、PLASTICITYを始めたそうです。

PLASTICITYの驚きの点はなんと、自ら「10年後に無くなるべきブランド。」を謳っているところです。

PLASTICITYに興味を持ってもらうことで、今までビニール問題に関心を持たなかった人が関心を持ってもらうことが目的なのです。

特に廃棄が多い日本人には関心を持ってもらいたいですよね?

ちなみにPLASTICITYと言う言葉は日本語で「可塑性」と言う意味です。

可塑性は力を限界まで加えた後、加えられた個体はそのままの形を維持する性質のことです。

つまりビニールのことを言っているんですね!

Twitterやグーグルなどを使いPLASTICITYの評判について調査しましたが、まだレビューあまり見つかりませんでした。

ただ、環境に配慮している点や、コロナの影響で受注が減った職人さんに対してお仕事を頼むなど、利益だけではなく人や環境を大切にしているところが良い印象です。

今年から始まったブランドなのでこれから知名度をあげていってもらいたいですね!

 

続きを読む

PLASTICITYの耐久性は?丈夫?

元々がビニール傘ということで、すぐ壊れるイメージがあり耐久性や丈夫なのか気になりますよね。

製法としては何枚ものビニール傘を重ねプレスすることで、硬く頑丈することを可能にしたそうです。

何よりも、防水性に長けている他、メンテナンス性にも優れているそうです!

また、プレスすることでビニール傘特有の模様が強調されるのが写真でお分かりになるでしょうか?

PLASTICITYではこれを「Glass rain」と読んでいるそうです。あえてこの模様を残すことでよりオシャレに感じます!

続きを読む

PLASTICITYの値段は?

公式通販ページ:https://plasticity.co.jp/collections/all?page=1

サコッシュバッグー¥8000
トートバッグー¥10000

元がビニール傘なので透明しかないかと思いきや、数多くデザインがありますね♪

廃棄されているビニールなのに値段が高いように感じますが、裁縫は職人さんが、プレス技術にもお金がかかってるので値段相応と感じます!

 

続きを読む

PLASTICITYはダサい?

前項でお伝えしましたが、思っている以上に色デザインが多いです♪

近くで見ても元がビニール傘とは気付く人も少ないと思いますし、独特の模様が特にオシャレですね!

扱いやすさ、丈夫さ、耐久性、防水性と実用性もバッチリです!

今年始まったばかりのブランドで持っている人も少なく、これだけオシャレなら、他人と被らない小物としては良い選択肢になりますね!

続きを読む

PLASTICITYの評判や耐久性のまとめ

普段使うことの多いプラスチックやビニールがこのようにオシャレなバッグとして変身するのは驚きですね。

身近にある廃棄予定のものもこのようなアレンジをすることで、使える可能性もありそうです。

PLASTICITYを手に持ってもらい、環境問題やビニールの使い方、廃棄についての関心が深まることを願っています。

10年後にこのブランドがなくなっている事を発案者ご本人が願っているように、ビニールの問題解決に向かって欲しいですね。

10年後にビニールに関する問題がなくなった時は、オシャレの一部としてPLASTICITYのビニールバッグが残っているのも良いかもしれませんね♪